以前の通信規格と比べても…。

WiMAXはウソ偽りなく料金がリーズナブルなのか?所有のメリットや留意事項を把握し、徐々に流行りつつある格安SIM等とも比較した上で、「ホントに買うべきなのか?」についてご説明したいと思います。

具体的にWiMAXとワイモバイルという評判の良い2機種のモバイルWiFiルーターの速度や毎月毎月の料金などを比較してみたところ、上位機種に関しての下り最大速度を除いた概ねの項目で、WiMAXの方が優れていました。

以前の通信規格と比べても、信じられないくらい通信速度がレベルアップしていて、数多くのデータを一回で送受信可能であるというのがLTEの強みです。今の生活スタイルになくてはならない通信規格だと思われます。

WiMAX2+も、通信エリアが段々と広くなってきています。当然のことですが、WiMAXの通信提供エリアなら、旧来のモバイル通信が可能となっていますので、速度さえ気にしなければ、不自由を感じることはないでしょう。

Y!mobileあるいはドコモにてルール化されている速度制限が実施されることになりますと、下り速度が128kbpsにされてしまいますが、この速度ですと、ヤフージャパンのTOPページを表示させるというだけで、25秒前後は必要になるはずです。

「WiMAXをお得な料金で思いっきり利用したいと思っているけど、どのプロバイダーと契約すべきか考えがまとまらない」という方を対象にして、WiMAXの販売をしているプロバイダーを比較したWiMAX特別ページを作りましたので、是非ご参照ください。

docomoやY!mobile(Yモバイル)なら、3日間で1GBをオーバーしますと、それなりの期間速度制限を受けることになるのですが、WiMAX(ノーリミットモード)だったら、そういった制限は規定されていません。

私が推奨しているプロバイダーは、キャッシュバックを40000円近くの金額に設定していますので、モバイルWiFiの月額料金が別のプロバイダーと見比べて高いとしても、「きちんと金額を弾いてみるとこちらの方が安い」ということが考えられるわけです。

目下のところWiMAXを活用しているのですが、新たにモバイルWiFiルーターを比較し、「現段階で一番満足のいく機種はどれなのか?」を検証してみたいと考えています。

「WiMAXを購入することにしたけど、通信サービス可能エリア内かどうか微妙だ。」とお考えの方は、「15日間の無料トライアル」期間があるので、そのサービスを進んで利用して、数日間使用してみることを推奨します。

WiMAX2+のギガ放題プランについては、毎月7GBというデータ使用量制限はありませんが、3日間で3GBを越えるようなことがありますと、速度制限に引っかかることがあります。

LTEと変わらない高速モバイル通信をすることができるWiMAXという通信規格も存在します。総じてノートパソコンなどで利用されていて、「好きな時に好きな場所でWiFi高速通信が可能」というのがセールスポイントです。

モバイルWiFiを買いたいなら、1カ月毎の料金やキャッシュバック等々についても、きちんと認識した状態で選択しないと、将来的に必ず後悔すると思います。

「速度制限がなぜ行われるのか?」と言うと、モバイル用の通信回線に短い時間にアクセスが大量になされると、そのエリアで通信機器を利用中の人すべてが、なかなか接続できなくなったり速度が遅くなるからです。

WiMAXモバイルルーターに関しては、機種それぞれでCA方式又は4x4MIMO方式のいずれかの通信技術が採用されているとされています。繋がり易さが異なるはずですので、その辺を踏まえて、どの機種をゲットするのか決めるといいと思います。参考:最新のワイマックス情報

spacer