ポケットWiFiというものは…。

「ネット使い放題プラン」で利用者が急増中のWiMAX。高速モバイル通信量の上限がないモバイルWiFiルーターとして現在の一番人気を誇っており、導入も手間暇かけずに行えますし、プラン内容からみたら月額料金も比較的安価です。

「ポケットWiFi」というのは、「ワイモバイルが扱っているすべてのWiFiルーターを指す」というのが本当のところなのですが、「場所を選ぶことなくネットを可能にしてくれる端末全部を指す」のが通例です。

ポケットWiFiというものは、一定期間に使用できる通信量とか電波の種類が異なったりしていますから、使い方によって各人に合うモバイルWiFiルーターも違います。

モバイルWiFiをどの機種にするかを一ヶ月の料金だけで判断してしまいますと、損することになりますから、その料金に視線を注ぎながら、その他で気を付けるべきポイントについて、徹底的に説明しております。

ワイモバイルと言いますのは、docomoなどと同様に自分の会社でWiFi用回線を保有し、独自にサービスを進めているMNO(移動体通信事業者)で、SIMカード単体での販売も実施しているのです。

プロバイダーによっては、キャッシュバックを4万円に迫る金額にしているので、モバイルWiFiの月額料金が周りのプロバイダーと比べて高いとしましても、「平均してみるとお得になっている」ということがあり得るというわけです。

WiMAX2+をネット販売しているプロバイダーの月々の料金(2年契約終了時までのキャッシュバックも考慮した合計金額)を比較した結果を、安いプランから順番にランキング形式で紹介させていただきます。

WiMAX2+と申しますのは、平成25年からマーケット展開されているWiFi通信サービスです。それまでのWiMAXと比較しましても、通信速度などが速くなり、それぞれのプロバイダーが一歩先行くWiMAXとして、頑張って販売展開しているわけです。

WiMAXと言えば、常にキャッシュバックキャンペーンに視線が注がれますが、ここ2〜3年は月額料金が安くなるキャンペーンも高評価です。

Y!モバイルまたはNTTDoCoMoであれば、3日間で1GBをオーバーしますと、規定の期間速度制限を受けることになりますが、WiMAX(ノーリミットモード)だと、そのような制限はみられません。

WiMAX2+の販売増大キャンペーンとして、高額のキャッシュバックを敢行しているプロバイダーが複数ありますが、キャッシュバックキャンペーンをやるだけの体力のないプロバイダーも少なくないので、気を付けてください。

スマホでいうところのLTE回線と形上違うという部分は、スマホはそれそのものが直接に電波を受信するのに対し、WiMAX2+の方はモバイルWiFiルーターで電波を受信するというところだと考えていいでしょう。

キャッシュバックされる日よりも前に「契約を解除する」ことになりますと、キャッシュはただの一円も受け取ることができなくなりますので、キャッシュバックについては、きちっと気を配っておくことが大切だと考えます。

高速モバイル通信として人気のWiMAX2+(ハイスピードモード)ですが、この機器の場合、速度制限に引っ掛かっても下り速度が1〜6Mbpsは保持されますので、YouToubeの動画くらいは楽しめる速度で利用可能なのです。

単刀直入に申しまして、ベストのモバイルWiFiルーターはWiMAX以外あり得ません。他のどのようなルーターと比較しても回線速度は優れているし、何より料金が断然安いです。

spacer