凡そのプロバイダーが…。

WiMAXは、コスト的にも他社と比較して低料金でモバイル通信ができます。サービスエリア内ならば、1台のWiMAXモバイルルーターで複数台の端末をネットに接続することができます。

モバイルWiFiの毎月毎月の料金は最低でも2000円台となっていますが、プロバイダーによってはキャッシュバックを実施しているところが見られます。このキャッシュバックされる金額をトータルコストから差し引いたら、実際に費やした経費が分かることになります。

WiMAXモバイルルーターと呼ばれているものは、契約時に機種を選択でき、ほとんどお金の負担なくゲットできます。けれど選ぶ機種を間違えると、「利用する予定のエリアがまだサービス外エリアだった」ということが稀ではないのです。

私がよく知るプロバイダーは、キャッシュバックを40000円に届きそうな金額にしていますので、モバイルWiFi自体の月額料金が別のプロバイダーと見比べて高額だとしても、「トータルコスト的にはお得だ」ということがあるわけです。

現段階ではWiMAX2+の通信が可能なエリアとなっていないと言われる方も、現在売られているWiFiルーターの場合は、これまでのWiMAXにも接続できることになっていますし、嬉しいことにオプション料金を支払うことで、高速ワイドエリアの「au 4G LTE」にも接続可能です。

オプションにはなるのですが、WiMAXのサービスエリア外の時は、高速を謳うLTE通信が利用できる機種も用意されているので、はっきり言ってこのWiMAX機種さえ所有していたら、国内なら概ねモバイル通信が可能だと言えます。

ワイモバイルも電波が届くエリアは拡大しつつあり、離島であるとか山あいの地区を除いたらおおよそ利用できること請け合いです。インターネットに4G回線を用いて接続することが難しい場合は、3G回線を利用して接続できるようになっていますから、ほとんど不都合を感じることはないでしょう。

ワイモバイルと申しますのは、auなどと同様に自分のところで通信回線を持ち、その回線を使用したサービスを展開するMNO(移動体通信事業者)で、SIMカードのみの販売も行なっているのです。

モバイルWiFiを手に入れようと考えているなら、1か月間の料金やキャッシュバック等につきましても、手抜かりなく理解した上で選ぶようにしないと、その内必然的に後悔すると断言します。

WiMAX2+を売り出しているプロバイダーの月々の料金(2年契約完了日迄のキャッシュバックも計算に入れたトータルコスト)を比較した結果を、安い順にランキング形式で掲載しております。

凡そのプロバイダーが、メールを使用して「キャッシュバックの準備完了いたしました。」といった連絡をしてきます。契約を結んだ日から長期間経ってからのメールになるので、見落とすことが多いと聞きます。

まだまだLTEを使用することができるエリアは狭いですが、エリア外で通信するときは自動で3G通信に変更されることになっていますので、「電波が届いていない!」というようなことはないと思ってもらって構いません。

モバイルルーターならみんな3日3GBか1カ月7GBの速度制限規定があります。そうは言っても酷い利用の仕方をしなければ、3日で3GB分使用することはほとんどありませんから、そんなに頭を悩ます必要はありません。

WiMAXのサービス提供エリアは、全国主要都市人口カバー率が99%だと発表されています。東京都内23区は言うに及ばず、日本各地の県庁所在地などでは、不自由なくサービスを受けられると理解していただいて構わないでしょう。

WiMAXの「ギガ放題プラン」に関しましては、データ通信量が3日で3GBを超えますと速度制限が掛かりますが、そうであってもそこそこ速いので、速度制限を気にし過ぎることは不要です。

spacer