「モバイルWiFiを契約するにあたり…。

「モバイルWiFiを契約するにあたり、高速モバイル通信のWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルのポケットWiFiのいずれにした方がお得か決めることができない。」という人の為に、双方を比較して一覧にしました。

「WiMAX又はWiMAX2+を買い求めるつもりだ」と言われる方に注意してほしいのは、意識的にプロバイダーを比較しないと、多ければ30000円程度は出費がかさみますよということです。

モバイルWiFiの月額料金を格段に安く謳っている会社の場合、「初期費用が高いのが大半」です。そういう理由から、初期費用も加味して選ぶことが必要だと考えます。

現在使われているとされる4Gというのは正式な形での4Gの規格を満たしているわけではなく、私たちの国日本においてはまだ提供されていないモバイル通信サービスだというわけです。その4Gの正式なサービス提供までのつなぎ役として登場してきたのがLTEだというわけです。

ソフトバンクの通信ブランドであるポケットWiFiについては、WiMAXと比べますと速度が低速ではありますが、その独自の周波数のお陰で電波が到達しやすくて、ビルの中にいてもほとんど接続が可能だということで人気です。

ポケットWiFiと申しますのは、ひと月の間に使うことができる通信量や電波の種類が異なっているので、どういった使い方をするのかにより選定すべきモバイルWiFiルーターも異なって当然です。

WiMAXというのはモバイルWiFiルーターのひとつで、家の中は当然の事、何処かに出掛けている時でもネット利用が可能で、その上月々の通信量も制限がないという、とても人気のあるWiFiルーターだと言っていいでしょう。

「ポケットWiFi」に関しては、ワイモバイルという通信ブランドが世に出しているモバイルWiFi用端末のことであって、正直言って出掛けている時でもネットができるモバイルWiFi全体を指すものではありませんでした。

長くWiMAXを使っているのですが、もう一回モバイルWiFiルーターを比較し、「現実の上で特にいい機種はどれになるのか?」を見極めてみたいと考えるようになりました。

「WiMAX」「格安sim」「ワイモバイル」全部を購入候補において、それらの強み・弱みを理解した上で、利用状況毎にモバイルルーターをランキング一覧にしてご紹介します。

WiMAX2+をセールス展開しているプロバイダーのひと月の料金(2年契約完了日までのキャッシュバックも勘案した合計金額)を比較した結果を、安い順にランキングスタイルにてご紹介しております。

「速度制限がどうして掛けられるのか?」と言うと、通信回線に短時間に集中的なアクセスが為されると、そのエリアで通信機器類を利用している全ての契約者が、なかなか接続できなくなったり速度が不安定になってしまうからです。

自宅においては、ネットに繋げる際はWiMAXを使うようにしております。最も重要な回線速度につきましても、全然と言えるくらいイライラ感に苛まれるようなことのない速度が出ています。

プロバイダーによっては、キャッシュバックの金額自体は他社ほど高額じゃないけれど、申請手続きを簡略化しているプロバイダーも見られます。そういった点も比較した上で選定することが大事だと思います。

「ポケットWiFi」と申しますのは、「ワイモバイルが提供しているすべてのWiFiルーター」というのが本当は正解になるのですが、「何所でもネット環境を与えてくれる端末全部を指す」のが一般的になっています。

spacer